アプリ開発者の悩み『iPhoneアプリで食えるのか?』

Pocket

最初のアプリをリリースしてからそろそろ1年経ちます。

開発を始めてから1年で4本のアプリをリリースしましたが、アプリで生活できるほどの売上はあがってません。
それでも、少しずつ手応えを感じてきていたこともあり、今年(2013年)は『アプリで食う!』を目標に頑張ってみようと(ヨメに内緒でこっそり)誓いをたててます。

 

そんな矢先、『アプリで個人として独立してやっていくためにいくら稼げばいいのか』を読みました。

http://htomiyama.blogspot.jp/2013/03/blog-post.html?spref=tw

 

結論としては、

『アプリで食べていくには月に40〜50万ぐらいの売上がないとね』

という事でした。

 

人によって、幅はあると思いますが、ひとつの目安になる数字かなぁと思います。
自分の場合、子供が4人いたりするので、シビアに計算したらもっと必要かもしれません。。。

 

アプリで食べたいと思っている人はたくさんいるんでしょう。その中で実際どのくらいのヒトが食べて行けてるんでしょうか?そして、真剣にそこを目指してるヒトはどのくらいいるんでしょうか?

この記事に関するtweetで、@Hiroki_Nakane さんが借金してまでの覚悟を語られてました。

 

ヒトそれぞれの事情があるので、誰もがそのくらいの覚悟と行動をする必要は無いと思いますが、去年の後半から貯金を食いつぶし始め、今年は借金も止む無しと(ヨメに内緒で)覚悟を決めている私には、個人的にかなり響きました!

 

また、@junpeiwada さんや @ortk1983 さんは『楽しく仕事して、お金稼いで、稼いだお金で慎ましく暮らせれば』みたいなハナシをされてました。

 

これも同感です!
なぜアプリで稼いで生活したいかと言えば、私にとっては『楽しく仕事して暮らせる』ことが大事だと思うからです。

自分があったらいいなと思ったアプリを作る。
作ったアプリがダウンロードされて使ってもらえる。

この2点は、本業(職業プログラマーです)ではなかなか得難い点で、 食えるかどうか以前の問題として、まずは『楽しい!』が出発点で、それで『食えたら幸せ!!』というのがその次にあるからデス。

いつの間にかお金を稼ぐことが最優先になって、広告のミスタッチを誘うようなUIのアプリを大量生産したりしては本末転倒です。

 

さて、じゃどーやって、月40-50万稼ぐのか?
これが問題です。
貯金も食いつぶし、借金も辞さないでやるとなれば、悠長な事は言ってられません。

現在、有料3本・無料広告型2本、リリースしてますが、そのうちの有料1本をサンプルに考えてみます。
このアプリは月平均5000円くらいの売上です。

→ 月40万稼ぐには、同様のアプリが80本必要
→ 去年1年間で製作したのが4本なので80本作るには20年?
→ プロモーションにチカラを入れて月1万/1本を目指す!
→ 月40万稼ぐには、同様のアプリが40本必要
→ 開発ノウハウも少しずつ蓄積して年12本のリリースを目指す!

これで今年の年末には、月収12万。。。。
これじゃあ全然足りませんね。。。。

でも、開発ペースが上がって年間20本リリースできれば、2年後には月収40万です!アプリの本数が増えれば、少しは相乗効果も期待出来るかもしれません。どこかでヒット作がでれば、状況は大きく変わるかもしれません。

いつもアプリでお世話になっているアプリの中の人にいろいろ話しを聞くネク!「ブロネクオンエアー#6」
こちらでは @rivawan さんが開発始めて2年くらいしてからDLが伸び始めたと言ってました。これも個人的に響いたハナシでした。

 

何が言いたいかというと、アプリで食えれば幸せだけど、まずは

楽しんでアプリを作る!
真剣に覚悟を持って取り組む!
そして、焦らず・慌てず!

何と言うか、まずは真摯にコツコツやるのが一番かな!

と。

 

という事で、1年後とかに、景気のいい報告ができるように頑張ります!

 

あ、そうそう、リアルでお知り合いの方にお願いです。
貯金云々とか借金云々とかはヨメには内緒でお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コードを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.