ARC非対応のライブラリをARCのプロジェクトで使用する

Pocket

ARC(AutomaticReferenceCounting)を有効にすると、retain や release を自分で行わなくて済むので楽チンです。
オープンソースライブラリも素晴らしいモノがたくさんあり、これらを使うと楽チンです。

でも、

ARCに対応していないライブラリもまだまだあります。

ARCを有効にしたプロジェクトで非対応のライブラリを使うとコンパイルエラーとなります。
以前ちまちま直して使ったんですが、修正せずに利用する方法がありました。

XCODE で TARGES → BuildPhases → CompileSources の中から、ARC非対応のライブラリのソースを選択し CompilerFlags に 『-fno-objc-arc』と入力してください。

コンパイルが通るようになり、ARCが有効なプロジェクトでARC非対応のライブラリが使えて、とっても楽チンです。

なお、ARCについては [iOS5] ARC (Automatic Reference Counting) : Overview が詳しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コードを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.