【DL数公開】プロ野球12球団のリーダーアプリ、チームの成績はDL数に影響するか? 〜その1(交流戦前)〜

ご愛用、ありがとうございます!

交流戦も終盤となりましたが、12球団のリーダーアプリはリリースから2ヶ月近く過ぎ、おかげさまで多くの方にご愛用いただけてるかと思います。

さて、そこで

各アプリのダウンロード数は果たしてチームの成績に関係するのか?

を検証してみたいと思います。

続きを読む

好きなチームを応援しよう!プロ野球各球団のリーダーアプリ、12球団分リリース!

 
 

プロ野球12球団のリーダーアプリをリリースしました!

何とか開幕に間に合わせたかったのですが、度重なる Reject を経てやっと12球団各球団のリーダーアプリをリリーする事が出来ました!

一体何度Rejectされた事か。。。もはや意地のみでリリースに漕ぎ着けました!

続きを読む

MacPeople 4月号で「シナリオタイマー」を紹介していただきました!

iPhonePLUSデベロッパーカタログ(p.141)でシナリオタイマーを紹介していただきました!

ありがとうございます!
ありがとうございます!

ほんとーにありがとうございます!

も一つ、ありがとーございます!

いやぁ、嬉しい限りです!

SIMフリーiPhoneにしました

SIMフリーiPhoneにしました!

昨年11月に発売されたSIMフリーiPhone ですが、色々色々考えてこの度導入しました。

2年間使うなら、安く運用出来るのはまず間違いないでしょう。もちろん大幅なキャッシュバックなどがあると違って来るかもしれませんが。。。
途中で新機種などが発表されて買い替えるならその時点の中古相場にもよりますが、iPhoneはそこそこの値段で売れるのではと思います。

SIMフリー導入のネック

ただ、開発者としては一世代前の端末もテスト用に残しておきたいので、そう考えるとすぐには売らないので、あまり早く新機種が出ると結果高くつく恐れもあるにはあります。
あとはMVNOによる運用が実用に耐えるか、というのもあります。
仕事場ではWiFiが使えるので、外出時にそれなりのスピートが出るかというのが自分の場合は最大の懸念事項でした。

使ってみて

新機種の発売時期は考えてもどーしようもないので考えないことにしました。

SIMカードはIIJのmio高速モバイル/Dにしました。
事前にiPhone5sでの導入実績も確認出来ましたし、実際導入も簡単でした。
気になる外出時の速度も体感的には今のところ全く問題ありません。

端末は 4S からの変更でしたが、まず本体が軽い!
そして動作も軽い!

今のところは大満足です!

今後

というわけで、キャリアとの契約は見直しすることにします。
といってもここでいわゆるガラケーを実質無料などで契約すると、維持費は下がるもののまた縛りがでちゃうので、中古で入手して機種変するつもりです。

あとは、050Plus や LINE、楽天でんわなども検討しようとおもってます。

誰にでもというわけでは無いですが、オススメです

誰にでもオススメかというと、そんな事は無いですが、ヒトによってはかなりオススメできるかと思います。
是非一度、SIMフリーiPhoneの導入を検討してみてはいかがでしょう?

参考

国内で販売開始されたSIMフリー版iPhoneで格安SIMカードのLTEは使える!ただし条件あり。 | 隠居系男子

格安SIMカードをBB.exciteモバイルLTEから、楽天ブロードバンドLTEとmio高速モバイル-Dに乗り換えた。 | 隠居系男子

SIMフリーiPhoneで泡を吹いたひとリスト。そしてmvnoデビューすれば最強。 | iPhone愛用中・元ドコモ店員のブログ

Xiにすると電話代が高い。ならばLINEと050plusでどうでしょう!? | iPhone愛用中・元ドコモ店員のブログ

格安SIM(ドコモMVNO等)LTE比較ランキング

格安の複数SIMカードMVNO比較

MAC でフォルダの容量が知りたい

MAC (OS X) でフォルダの容量を知る方法です。

フォルダを選択して ⌘ + J で表示オプションを呼び出します。
そして「すべてのサイズを計算」にチェックを入れます。

これを[デフォルトとして使用]にしておけばファインダのリスト表示で常にフォルダ容量が確認できます。

iOSシミュレータのリセット

Twitterクライアントの機能を試しています。

ここのところ、Twitterクライアントの機能を試しています。アプリがiPhoneに登録されているTwitterアカウントを利用する場合はまず

「”アプリ名”はTwitterアカウントへのアクセスを求めています」

というメッセージで許可を得ます。

一度OKなりすると、そのあとは設定から ON/OFF を切り替える事はできますが、このメッセージをもう一度出す事が出来ませんでした。。。
もう一度メッセージを出す方法が分かったのでメモしておきます。

 

iOSシミュレータのリセット

iOSシミュレータの「コンテンツと設定をリセット(Reset Content and Settings)」を行うと、もう一度アクセス許可のためのメッセージが出るようになります。

シミュレーション環境のユーザコンテンツと設定を工場出荷時の状態に戻し、インストールしたアプリケーションを削除するには、「iOSシミュレータ(iOS Simulator)」>「コンテンツと設定をリセット(Reset Content and Settings)」を選びます。

「iOS開発ガイド」の「iOSシミュレータの使用」から引用

ただ、その他の設定など全て消えてしまうので、その点はご注意下さい。

 

参考

iOS開発ガイド- iOSシミュレータの使用

 

 

アプリの申請をしたArchiveの場所

またリジェクト

なんかもう、まったく審査が通りません。。。
なんだかクラッシュするってさ。

アーカイブはどこだ?

で、原因調べるのに、申請時にアーカイブしたファイルが必要なんで調べてみました。
どなたかのお役に立つ事はあるのだろうか?

とりあえず、ココにアーカイブした日付毎にディレクトリが出来てます。

/Users/ユーザー名/Library/Developer/Xcode/Archives

 

NSArray を NSMutableArray にキャストするとハマる

NSMutableArray の removeObjectAtIndex で落ちる

NSArray を NSMutableArray にキャストした配列に対して要素を削除しようとすると落ちてしまいます。

などとすると

というエラーになります。

 

正確にはキャストできない

このエラーは 『NSArray のインスタンスに対して、removeObjectAtIndex は呼び出せませんよ』という事のようです。
どうやらこのキャストはコンパイラに型を伝えているだけでインスタンスは NSArray のままのようです。

 

じゃ、どーすりゃいいの?

mutableCopy してあげましょう

これで要素を削除できます。

 

編集後記

もう一人先発が欲しいな